名刺のメリットとは

個人で名刺を作るメリットはたくさんあります。まずデザインを自由に決めることができます。既成のデザインにとらわれることなく自分の希望をどんどん加えていくことができるでしょう。名刺によって自分という存在をアピールすることができるのです。

個性をどんどん発揮していけるでしょう。サラリーマンだけではなくて、個人事業主の方が名刺を作るのはもっとメリットがあります。個人で事業をやっている場合は自分のことをよく知ってもらうことが大切です。営業活動をする際には名刺があるのとないのとでは影響が大きく違うでしょう。

名刺に電話番号や住所、メールアドレスなどを記載しておけば、あとで気になったときに向こうから連絡をしてくれるでしょう。名刺があると連絡先を聞かれるようなことがあったときにとても便利です。その名刺を渡してしまえば、そこに必要な情報はすべて記載されているからです。

名刺交換をすることによって、情報交換をスムーズに行うことができるでしょう。名刺にはいろいろな情報を掲載することができます。連絡先だけではなくて、たとえば具体的なサービスや事業の内容を記載することもできるでしょう。

ちょっとした気の利いた一文を載せることもできるのです。

名刺作成の注意点

名刺デザインについて、感じたこと

名刺デザインについて、私が感じたことをお話します。私は名刺がなくなると、名刺を新しいデザインで更新しています。その時に、どのようなデザインにしようかと悩んだ時に、今まで名刺交換でもらった名刺で、とてもいいと思ったものを参考にしています。

その時にいいと感じて、今使っている名刺には、顔写真を入れています。それは、それを相手の渡した時に、自分を覚えてもらうためです。名刺交換は、何人もの人と行いますので、これは効果があると感じています。そして、また、新しい名刺を作成した時には、地元のPRをして、地元の名産品を写真付きで、載せました。

これについても、このことについて、相手の人から質問があった時に、そのことを話したという記憶として残ることを目的としています。そして、少しでも印象に残る名刺を作って行こうと考えています。最近もらったもので、和紙で作られたものがありました。

それは、その地元の名産です。私の地元も名産として、和紙があるため、それで作ることを検討したいと考えています。


社会人の基本マナーである名刺の渡し方について

社会人にとって、名刺は社名・氏名・電話番号・メールアドレスなどのビジネスに必要な情報が詰まった非常に大事なものであり、相手に自分という人間を知ってもらう上でも非常に重要なものです。名刺交換の際に相手に与える印象がその後の仕事に大きく影響してくるようなことも少なからずあるので、単なる形式的なものだと考えて適当にしていてはいけません。

渡し方において相手に失礼がないように十分に気をつけておきたいものです。名刺交換においては、目下の者から先に出すというのが基本的なマナーですが、上司と一緒のときには上司の名刺交換が終わるまで待つのが正解です。

目上の人に先に名刺を出された場合には、出し遅れたことを相手にお詫びして名刺を受け取ってから自分の名刺を出しましょう。名刺を持つときには、基本的には右手で端を持ちますが、特に相手が目上のときなどには、なるべく両手で持った方が相手に丁寧な人だという印象を与えられるので良いでしょう。

渡す際には社名や氏名を名乗った上で「よろしくお願いします」と挨拶をしましょう。